清須市朝日の家

もともと、自然素材が好きで壁には真っ白な漆喰、梁をあらわすことで木の魅力を最大限に引き出しています。LDKの横には和室、琉球畳がいい雰囲気を出しながら普段は間仕切りを開放しながら畳スペースとして使い、泊まりの来客があるときなどは単体の部屋としても使えるように工夫され、床にはうずくり仕上げの杉の無垢材を使用。また大きな吹き抜けが特徴的でもある大空間のLDK、常に天窓からの光が入るようになっているため東西北が家に囲まれているにもかかわらず自然の光がぞんぶんに取り入れられる設計になっています。これだけの大空間・吹き抜けをつくってもSE構法のため耐震面も問題なしです。