あま市乙之子の家

1Fに接骨院、2Fに住居。1F接骨院は患者さんが落ち着くようにと明るい木目調で統一。各所にある棚やイスは大工さんが現場で造作、SE構法だからこそできた大空間と天井の梁をわざと見せることによってリラックスできる空間ができました。逆に2F住居は落ち着いた濃いい木目調の床・建具が高級感を出してくれいます。床の色が濃いのでできるだけ暗くならないようにと南には大きな掃き出し窓、部屋の扉はできるだけ明かりが取れるものを使用して最大限自然の光を利用。大きなベランダもSE構法だからできる持ち出しです。