本社ブログ

2015年3月 4日 水曜日

建築。他の業種との違い

こんにちは!現場担当の服部です!
昨日は危機感を感じる地震がありましたね。天災は忘れた頃にやってくる。のことわざをご存じでしょうか?
これは、物理学者で文学者の寺田寅彦氏が残した言葉です。
「天災はその恐ろしさを忘れた頃にまた起こるものであるから、用心を怠らないこと・油断は禁物であるという戒め」だそうです。
皆さんも、忘れた頃に思い出して用心するようにしましょう!ってちょっと無理かもですね。

今回は建築と他業種の異なる事を書きたいと思います。

まず.....。車の購入時の事を思い浮かべてください。車購入の際、その購入する車を見て、気に入って購入しますよね?なので
現物を見て買う事ができます。

さて、家はどうでしょう?家も現物(モデルハウス等)を見ることはできますが、敷地、建蔽率、その地域の条例、金額等により
モデルハウスと同じものはまず建てれません。
ここが建築と他業種の違いです。(と僕は思います。)

設計図(2D)の物をぶっつけ本番で3Dになる。これってすごいですよね?最初紙の上で打合せしていたものが人の手によって
3Dになる。その3Dになるまでの間、お施主さんと設計士さん、インテリアプランナーさん等が図面を完成させ、そこから施工管理(現場監督)と基礎屋さん、躯体の部材を作ってくれる会社(プレカット屋さん)大工さん、外壁屋さん等の打合せ末、家が完成するのです。
と余談もありましたが、建築の他業種の違いを僕なりに述べてみました。
皆さん!天災には、備え万全な状態でお願いします。





投稿者 株式会社住和

カレンダー

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30