本社ブログ

2015年10月26日 月曜日

SE構法は将来を見据えた建築技術です。

SE構法は、その圧倒的な強度と高い耐震性能で、100年住宅と呼ばれています。
従来の木造住宅の寿命が30年といわれていますので、そのことを考えますと、どれだけ頑丈な家かわかっていただけることでしょう。
そのため、数世代建て替えの必要がなくリーズナブルな住宅だと言えます。

名古屋にあります当社は、SE構法を取り入れ柱を立てる必要のない自由設計の木造住宅を提供しています。
これは、メインの資材に強度の高い高精度集成材を用いるため、従来の工法のように建物を壁で支える必要がないため、柱が不要となり、住空間に柱がない為、ライフスタイルに合わせて内壁の位置を変えることが可能となりました。

また、柱と梁の接合部分が折れてしまうのを防ぐ準ラーメン構法により、地震にも耐えうる木造住宅が実現しました。

投稿者 株式会社住和

カレンダー

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30