本社ブログ

2016年6月 1日 水曜日

住和の新築 築6年目 お客様の声 

2009年8月竣工 Y様邸 新築建て替え工事
2016年3月、建築後約6年半経ち、当社で家を建てて頂いたY様に現在どのように感じて頂いているのかぜひともお声を頂戴したく、お忙しい中の訪問を快諾して頂きました。
<着工前>            <建物完成直後>

※写真クリックで拡大

<インタビューの様子>             


駐車場のまくら木とレンガの部分はご自身で施工したそうです。

Q.家を購入しようとしたきっかけは?
「もともとはリフォームを考えていたが、たまたま近所のハウジングセンターに行った際坪単価28万~という看板を見て建てなおした方が良いのではと勧められたが結局28万ではできず...その後一生に一回なので家づくりの勉強を始めた。」

Q.検討した会社は何社ぐらい?
「最初住和のモデルハウスを見てこれがいいと思った。しかし予算が合わなかった。あきらめかけていた時にあるハウジングフェアでたまたま田上(弊社代表)さんに偶然再会し、もう一度プランを出して頂いた。最終的に2社に見積もりを出してもらったが金額・仕様等全部含めたトータルで考えて住和に決めた。そのかわり自分で出来る事は自分でやろうと決めた。何度も話していくうちに信頼関係ができ最後は田上さんの人柄を信用した。

Q.建てようと思ってから完成するまでの期間はどのくらい?
「3年くらい。着工までに2年。」

Q.住まいのこだわりは?
「親・子供(一人一部屋)含め6人。設計士さんには40枚ほど図面を書いてもらった。余分な廊下もなく、動線・風通しを重視した。玄関は網戸付の引き戸、それだけで風が通る。窓の高さもできるだけ高くして子供が勉強する時の視線の高さも配慮した。あとは屋根裏。現在僕の隠れ家です。少しぜいたくを言えばそこにもう少し大きな天窓があれば...等と考えます。」


Q.最も気に入って頂けたところは?
「木と壁。この質感がいい。壁の白さ(幻の漆喰)といい床(杉材)の感じ。床は杉にして正解だった。傷つきやすいが杉にこだわりたかった。床材は塗装していないので今でも毎週雑巾がけをしています。そういう素材を自分で選んだので仕方ないが家に関しての努力は行う。しかし裸足で歩くとすごく気持ちがいい。」

Q.冬の床はどうですか?
「とても暖かい。床暖房を利用したことはないが充分暖かい。肌ざわりが違う。」

Q.住んでみてこうしたら良かったと感じている事は?
「自分なりに満足はしている。息子がリビングを通っての階段なので友人が来たりした時にプライバシーが守りにくいと言われましたね...」

Q.前住んでいた家と比べて生活は変わった?
「前の家にも愛着はある。しかし、自分が感動し理想とした木の家とほぼ同じで満足感をもっている。皆さんの協力があって建てられた。」

Q.親戚・知人の方の反応は?
「一様に感動してくれた。木にこだわっているという事を感じてくれた。「いいねえ~」という言葉を聞く。親は落ち着くと言っていた。木を嫌だという人はいないのではないですか。」
 

Q.住和に決めて良かった事は?
「自分の理想の家をほぼかなえてもらった。住和に感謝する一番大きなこと。」

Q.今だから言える住和への不満は?
「特にないかな~。解体時も隣の家に少し迷惑をかけたことがあったがその時田上さんが夫婦ですぐに謝罪に来て頂いた。そういう誠意を見せてもらった。起きた事は仕方ない。その後の対応をしてもらったおかげでお隣とは良好な関係を築いている。」

Q.今後住和に期待するサービスは?
「現在震災から5年たったが未だに復興が進んでいない地域がある。僕は原発に関心があり毎年東北に行っている。原発近所の地域の農家の方は半永久的に田畑を奪われ何もできない状態にある。そこで現地の人に言われたことで、「Yさんも現地を見て話を聞いたならまず明日からあなただけでもいい、原発がなくてもいいエネルギー消費の少ない暮らしをする努力をしてほしい。そしてこの事を家に帰って家族に話すと4人、家族がさらに友達に話すとさらに8人というように、今すぐは何も変わらないかもしれないが少しでも原発のない世界に近づくように地道なことからやっていってほしい」と現地の人に言われまさしくそうだと思いました。だから住和さんにもなるべくエネルギーを使わない家づくり、循環型の暮らしができる家づくりを是非今後提案していってほしい。

Q.建築中の思い出はありますか?
「大工さん(野中)の人柄かな。見学にはよく来たから。見学に来ることで完成するまでの過程を楽しむことができた。」

Q.これから家を建てよう思っている人にアドバイスはありますか?
「夢や希望を持って地元の木・自然素材を使用してほしい。地元の工務店を使ってほしい。大きな有名な会社もいいけれど小さくても地元で頑張っている工務店と一緒に意見を交わしながらつくっていってほしい。先ほども話したがこれは住和さんにも願うが、エネルギー消費の少ない家をつくってほしい。」

Q.最後に家に点数をつけるとしたら何点?
「個人的には90点。残りの10点は間取り・動線。息子に友達をよびにくい家と言われた。どこへ行くにもリビングを通るので。当時は「顔が見える」と安心だった。堂々と挨拶して部屋に行く、という流れを作りたかった。でも子供の目線からだとイマイチだったのかなと感じる。その息子は現在大学で建築を勉強している。環境科学部で古民家再生など勉強しています。」


「息子さんが将来この家を見て何か感じることがあるかもしれませんね。Yさんが満足して頂けているようで嬉しいです。」

<6年後のY様邸>

完成直後の写真と比べると縦格子の色にも味がでてきてシンボルツリーも大変印象的です。

省エネルギー化・自然素材を使うことの大切さに共感して頂き、さらに大変満足して頂けたことに光栄です。
今後このようなインタビューも続けていきたいと思っております。Y様ご協力ありがとうございました。

GWにSE構法構造見学会(予約制)を開催します。(壁ができる前に家の骨組みを見学できることですscissors)
場所:名古屋市中川区野田
期間:5月1日~
時間:要相談
電話:0120-80-4059
予約制になっております。フリーダイヤルにお気軽にお電話下さい。お待ちしております。












投稿者 株式会社住和

カレンダー

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30