本社ブログ

2017年3月22日 水曜日

屋上の緑化なら、名古屋にある当工務店にご相談下さい

都心部は、エアコンを集中的に使用する等が原因により、温度上昇がしやすいヒートアイランド現象が問題となっています。

屋内外の気温、室温が高まりやすく、この現象で高まった気温を解消するためにエアコンをつけるなど、まさに悪循環を生み出すのです。

そこで、ヒートアイランド現象による気温や室温の上昇を防ぐため、一つの方法として考えられているのが屋上の緑化です。

これは、屋上やバルコニーを緑化する事によって、二酸化炭素を吸収し、光合成により酸素を増やします。

さらに、植物による断熱効果や水分を蒸散する効果によって、気温の上昇を防いでくれるのです。

これらのような気温の上昇を防ぐという意味で非常に良いものですし、緑が増える事で、涼しい気持ちになれる精神的な効果もあるでしょう。

そこで、最新のバイオ技術を使ったルーフソイル工法というのもがあり、水はけや水持ちが良く、屋上への負担も少ない方法が存在します。

土厚はたった7センチから10センチあれば十分ですし、重みが少ないため、屋上に与える負荷も小さなものになるのです。

さらに、植物の根付きが良く、手間やコストをかけなくても済むのが、このルーフソイル工法で得られるメリットです。

屋上やバルコニーの緑化はまだそれほど浸透している訳ではないですが、ぜひ取り入れてみたいという方は名古屋にある当工務店にご相談下さい。

投稿者 株式会社住和

カレンダー

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30