本社ブログ

2017年6月 7日 水曜日

安心して暮らせる新築の住まいなら名古屋にある当社にお任せ

昨今の災害による被害から、現在の住宅は特に安全性が強く求められています。特に耐震性については大きく注目を集めており、様々な技術が新たに導入され従来の住宅にない耐久性が得られるようになってきています。

名古屋にある当社では、木造住宅の建築を請け負っておりますが、最新の工法を導入することで、災害などにも負けない強い木造住宅の建築に成功しました。当社が導入しているSE構法は、阪神淡路大震災で得られた情報をもとに、より耐久性を高め安心して暮らせる木造住宅作りを目標として作られました。

その仕組みは、建物の強度に関わる本柱を外壁付近に集中させ、室内の壁の位置を自由に変更できるようにするというものです。さらに柱などを強く接合するために、耐久性の高い専用の素材を用いています。各パーツを取り付ける方法も、専用の構造を採用することで耐震性も向上させました。

耐久性を高めるための素材や建築法の変更に加え、構造計算も合わせて行っています。かつての木造住宅では、構造計算を行うことはめったにありませんでしたが、安全性が強く求められる現在、こうした対応は非常に高く評価されています。

安全性を考えて鉄骨作りの住宅で暮らすという方も増えていますが、木造住宅でも工法次第では、高い耐久性を持たせて快適な暮らしが送れます。今以上に安心して暮らせる住まいで一生を過ごすためにも、名古屋にある当社にご相談ください。

投稿者 株式会社住和

カレンダー

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30